甲斐 拓也


関東のあらゆるフィールドを得意とするオールラウンダー関東ロコ。相模湖、津久井湖の西東京のフィールドから霞ヶ浦のおかっぱり、房総半島のリザーバーに精通している若手アングラー。幅広いフィールドタイプ、ボートからでも陸からでも若い頭脳で状況を判断し、的確にアプローチを実践する。


山崎 誠


年間釣行200日、バスフィッシングを愛し、霞ヶ浦近傍に移住。年中のシーズナルパターンを熟知し霞ヶ浦を知り尽くした男。バスボートからのアプローチで、タフな状況でも確実にチャンスを捉える霞ロコアングラー。釣れるコンディション、釣れないコンディションを確実に捉えてのルアーローテーションに拘りを持つ。


森岡 慎二郎


房総リザーバーや霞ヶ浦をメインフィールドにしながらも、檜原湖、野尻湖、琵琶湖にも遠征するニュージェネレーションアングラー。レンタルボート、バスボートからのアプローチで得意のフィネスの釣りで高次元の釣果を叩き出す。釣りもさることながらスノーボードにも精通し、ライフスタイルも注目されるアングラーズマイスター。


青山 右京


リバーバッシングにおいて、人気急上昇中のニュージェネレーション。活動拠点は中部河川の長良川水系、木曽川水系、大江川、五山川。ビッグベイトやフロッグゲーム、そしてカバーゲーム等のストロングな釣りを得意とする。リズミカルで早い展開のフィッシングスタイルで、次々とバスを手中にする、アクティブな陸っぱりアングラーである。


高山 達也


相模湖や津久井湖をメインフィールドとしてロコアングラー。西東京の都心に近いハイプレッシャーのリザーバーを得意とする。ハイプレッシャーのフィールドでもストロングな釣りが得意。ハードベイトのH1にも参加し、さらなるハイレベルな釣りに挑戦する熱血アングラーである。


那須 大士郎


紀伊半島のベテランロコフィッシャーマン。七川&七色ダムを得意とし、クリアレイクのルアーセレクトやサイズに徹底的に拘るリザーバーフィッシャーマン。クリアレイクでの積み重ねた経験は、水面下のバスの視線や行動を的確にとらえてアプローチすることを得意とする。


三浦 一真


陸っぱりにこだわる、和歌山県在住のロコアングラー。リバーフィッシングや野池を得意とする。岸からのアシの密集した不安定なスタンディングポイントの野池やリバーのアプローチが得意。ストロングな釣りを好み、おかっぱりが可能なフィールドへと挑戦を続けている。陸っぱりメインだが、状況に応じボートからのアプローチのスキルも兼ね揃えている。


岡安 幸夫


霞ヶ浦をホームにしながらも、房総リザーバーや野尻湖、琵琶湖にも精通するベテランロコアングラー。霞ヶ浦ではハードベイトを中心としたストロングスタイルで数々の釣果をたたき出す一方、リザーバーやスモールマウスフィールドではダウンショットなどのフィネスな釣りやフットボールなども高次元にこなすオールラウンドプレイヤー。