REVO Elite 7/8(レボ エリート7/8)

2013/02/11

※イメージ画像のため、実際の商品と異なる場合があります。

大口径ギヤ搭載、ハイスピード&軽量コンパクトリール ビッグバス狙いの打ち物系ルアーに最適!

主な対象魚
バス、
2013年3月発売予定

製品関連動画&ブログ

『2016年暖冬の新年2発目』

『ディサイダー地上波登場第2弾!』

『今年のMVPタックル!』

『Taku's Style 東京湾ボートシーバス』

『JB河口湖第3戦目!』


製品説明

軽量コンパクトリールに大口径ギヤをねじ込んだNew Revo Eliteシリーズ。従来ならば強度と軽量は相反すること。しかし、絶妙なレイアウトによって、バサーが熱望する、次世代のベイトキャスティングリールが実現! このリールが威力を発揮するのは、強靭なギヤ強度を必要とする琵琶湖や霞水系のビッグレイクだ。ヘビーカバー等に対応した設計で、Eliteシリーズには打ち物系に適したハイギヤを設定。ストレスなく、ビッグフィッシュを手中に収めることができる。

 

REVO Elite

Revo Elite7

Revo Elite7はバイブレーション等のスピードサーチに最適です。

Revo Elite8

Revo Elite8はジグ打ちに最適なスーパーハイスピード。回収も早く、テンポよくポイントを探れます。

Elite

 

 

 

新登場のREVO ELITE8/7、REVO POWERCRANK6/5

2シリーズの使い分けをどうするのか?


今回発表されたREVOの2シリーズでは従来のRevoでは存在しなかった2つのギア比が追加されました。1つは5.4:1、2つ目は8.0:1。
合計で4種類のギヤ比のセレクトはアングラー自身の釣りのスタイルによって使い分けて欲しい。

成田 紀明プロ

    成田 紀明プロ

 

 

 

Amb Revo Elite8/7

REVO ELITE8, REVO ELITE7
この2機種のブレーキはIVCB―VI。
ABU独自の遠心力ブレーキであるIVCBを今回は6アームまで追加した。おそらくワールド戦略では「ここまでのブレーキ力は必要無し!」と判断されるであろう。しかし、我々日本人プロスタッフの性格とモノへのこだわりは世界No1。日本おいては、軽量ルアーを多用するのでブレーキ力を強くしてある。

初速ゼロスタート!IVCBのメリットはこれに尽きる!
近距離戦での打撃をメインに考えると、コンパクトにピッチング&フリップを繰り返す動作。マグネットブレーキでは効いて欲しくない初速~中速の段階でブレーキが効いてしまい、キャスト時のコンパクトなスイングの妨げになる事もある。1番分かりやすい場面では着水後のフォール時の糸出し。ベイトフィネスのような軽量ウエイト設定リールでは、軽量化されたスプールによってマグネットブレーキでの糸出しもストレスと感じない。しかし、ミドルウエイト以上から使用する深溝スプール重量ではどうしても手でフォローする事が必要となってしまう。IVCBブレーキは、サミングした後の糸出しでも初速ゼロスタートを活用することが出来る。比較的に飛ばしやすく空気抵抗の少ないものをMax回転時に制御してくれる。それが遠心力を利用したIVCBのメリットである。
次にギヤ比の選択。テキサスリグ・ジグの打撃、キャスティングではこのREVO ELITE8/7がオススメ。
糸ふけ処理を優先とするならば、ギヤ比8.0:1のREVO ELITE8以外は考えられない。手返しを考えてもピックアップの際、回収ルアーは異常に早く戻って来る。「笑ってしまうくらいに・・・」。また、今回から採用されている90mmカーボンハンドルは長過ぎず、短すぎない丁度よい長さになり8、0:1のギアから手に伝わってくる抵抗感を見事に軽減してくれる。
巻きによる誘いをアドバンテージとするなら、ギヤ比7.1:1のREVO ELITE7がお勧め。巻きのテキサスや、様々なウエイトとルアー設定が可能なスイミングテキサスに適している。リトリーブスピードをアングラーがコントロールしてバイトを誘う。また、キャスト時に抵抗値が少ないリグの1つなので、IVCB-VIの性能を思う存分発揮できる。

 

REVO POWERCRANK6/5
ハードルアーに代表される巻き系の釣りにおいてのギヤセレクトはギア比6.4:1が中心。「キャストしてバイトゾーンを引き、通過したと思ったら回収」この作業はハードルアーの巻き系の釣りで繰り返されるもの。基本は6.4:1の巻くスピードに体が馴染んでいる。
しかし、今回から登場の5.4:1は巻を極めたいアングラーにはとてもありがたい設定である。リトリーブスピードによって釣果に差が出る事はごく普通にある。今までは、スローに巻きたい時は、ハンドルの巻き方のコントロールで調整しているものがリールの選択で行えるのだから、これが最大のメリット。僕が実践で使うのはシャッド。なぜシャッドなのか?を考えればお分かりになるでしょう。

スピードについて行けない魚を追わせる!
これが5.4:1のギア比を使うための最大のメリット。

以上が使い分けのポイントだが、今回のモデルチェンジのよってこの2シリーズ、REVO ELITE8/7、REVO POWERCRANK6/5は日本人の手には馴染み、本当によく合う。
別のシリーズ、REVO LTXは「ジャスト日本人サイズはこれ!」と言うユーザーサイドのコンパクトさの評価から非常に人気が高い。そのRevoLTXと同等のコンパクトさを持ち、巻き取り性能は快適になったのがこの新シリーズである。

 

 

 

REVO ELITE 8/7

REVO ELITE 7はバイト後の素早い巻き取りを必要とするジャークベイトや、バイブレーションの超高速リトリーブ、そしてジグやテキサス、ヘビーダウンショットなどのスローなワーム系の釣りにも使え、その汎用性の高さから様々な釣りに使うバーサタイルなロッドとの組み合わせが多くなるリールです。 REVO ELITE 7は80mmカーボンクランクハンドルを採用しており、この長さのハンドルはバイブレーションの超高速リトリーブ時には手首から先でコンパクトにそして早く巻く使い方にも非常にマッチしています。

REVO ELITE 8は8:1というスーパーハイスピードギヤにもかかわらず大口径超々ジュラルミンデュラギヤIIのおかげで驚くほどスムーズな巻き取りが可能になっており、90mmカーボンクランクハンドルとの組み合わせによりウィードマットの中や、カバーの中からフルパワーフッキングしてからビッグバスを引きずり出すといったときに、ハイギヤにも関わらずトルクフルな巻き取りを可能にしておりヘビーテキサスのようなパワーフィッシングにも対応したタフなハイギヤモデルなのです。REVO ELITEシリーズは遠心力ブレーキシステムのIVCB-6ブレーキを採用しており、今まで以上にブレーキ調節幅が広くなっており3.5gのライトテキサスリから1オンス超のヘビーテキサスまで幅広いルアーを快適に投げることができるセッティングが可能になっています。

国保 誠プロ

    国保 誠プロ

特徴

  • 自重170g
  • アルミフレーム
  • C6 カーボンフューズドサイドプレート
  • 大口径ビッグモジュール・デュラギヤⅡ
  • 80mm&90mmカーボンクランクハンドル
  • IVCB-6 ブレーキ
  • 9+1HPCRベアリング
  • 新形状EVAハンドルノブ
  • 糸巻量14lb-100m(12lb-100m下巻き目安ライン有り)
  • ドラグクリッカー

ディテイル

画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます。

  • IVCB―VI ブレーキシステム

    IVCB―VI ブレーキシステム

    外側からダイヤル調節可能な「IVCB―VIブレーキシステム」

  • 軽量さと頑丈さを両立したボディ

    軽量さと頑丈さを両立したボディ

    軽量アルミフレームにC6カーボンフューズドサイドプレートを採用したことで、自重170gを実現。軽量ボディは、高剛性も兼ね備えている。

  • 安定の低重心設計

    安定の低重心設計

    大口径超々ジュラルミンギヤなど、主要パーツをボディ下方にシフトさせて内蔵。重心が低くなるため、操作が安定する。

  • リール本体(トップビュー)

    リール本体(トップビュー)

  • サイズ比較

    サイズ比較

    左がREVO ELITEと同じベースのPowerCrank。右がREVO LTX。いかに大口径ギヤが内蔵されているかがわかる。

  • サイドビュー

    サイドビュー

    軽量アルミフレームにC6カーボンフューズドサイドプレートを採用したことで、自重174gを実現。軽量ボディは、高剛性も兼ね備えている。

  • 80mm&90mmカーボンクランクハンドル&新形状EVAノブ

    80mm&90mmカーボンクランクハンドル&新形状EVAノブ

    スーパーハイスピード8.0:1には90mmを、ハイスピード7.1:1には80mmのカーボンクランクハンドルを設定。スピードと巻き取り力のバランスを考慮。ノブは新形状の握りやすいEVA素材を採用している。

  • 打ち物系に適したIVCB-6遠心力ブレーキ

    打ち物系に適したIVCB-6遠心力ブレーキ

    重いラバージグを打ち込んだ際に的確にブレーキが効き、着水点から垂直にフォールさせるには、遠心力ブレーキが最適。ブレーキロックを6個に増やすことで、従来のIVCB-4より幅広い調整が可能になった。

  • ビッグゲームに対応するデュラギヤⅡ

    ビッグゲームに対応するデュラギヤⅡ

    従来のギヤよりも8%ほど大きくなったギヤによって、安定した巻き取りスピードとパワーを両立。しかも超々ジュラルミンを使用しているので、軽量さも両立している。

  • 新旧ギヤ比較

    新旧ギヤ比較

    左が新採用の大口径ギヤ。右が従来のギア。並外れた強度と巻き取りスピードを実現。

スペック表

製品コードJAN/UPC製品名最大ライン巻取(cm)ギア比自重(g)最大ドラグ力(Kg)ボール/ローラーベアリングラインキャパシティ/0.30mm/12lbラインキャパシティ/0.31mm/14lbラインキャパシティ/0.330mm/16lb メーカー希望本体価格(税抜)
1285253036282943377REVO ELITE 8838.0:117079/112010085¥37,400
1285254036282943384REVO ELITE 8-L838.0:117079/112010085¥37,400
1285255036282943391REVO ELITE 7747.1:117079/112010085¥37,400
1285256036282943407REVO ELITE 7-L747.1:117079/112010085¥37,400