最新情報
  
2012/11/30 [イベントレポート] バークレイジャパン ロックフィッシュオープン2012 東北大会
地区予選優勝の招待選手7名を含めた82名によりバークレイジャパンロックフィッシュオープン 2012 東北大会を開催いたしました。
震災後、初のロックフィッシュオープン。沢山の地元の方のご協力により無事大会を開催出来ました事を心より感謝申し上げます。
開催概要
  • 開催日

2012年11月24日()

  • 開催地

宮城県石巻市田代島

  • 天候

曇りのち晴れ

  • エントリー

82名

  • 対象魚

アイナメ・ソイ類

  • 主催

ピュア・フィッシング・ジャパン株式会社

  • 後援

石巻市

  • 協力

網地島ライン株式会社、コールマンジャパン株式会社、
ペンタックスリコーイメージング株式会社

開会式
開会式
冬型の気圧配置による急激な冷え込みにより、
本格的な冬が到来した大会当日。
開会式
震災後、初めてのロックフィッシュオープン。
まずは震災の犠牲者を悼み全員で黙祷を捧げる。
震災による磯の地盤沈下や崖崩れなど地盤の緩んでいるポイントもあり、安全面に関する注意事項を十分に説明。
スタート
スタート
スタートダッシュでケガのないように、今回はゼッケン順にならんで静かにスタート。
とにかく安全第一。選手の皆様のご協力に感謝いたします。
キーパーサイズはアイナメ、ソイ類ともに25cm以上
9時から仁斗田港の大会本部と三石の2カ所で検量をスタート。
3匹まとめて検量を行うのではなく、魚が弱らないように一人何回でも検量するようにしました。
キーパーサイズはアイナメ、ソイ類ともに25cm以上です。
仁斗田港での検量所では堤防で釣っている選手が頻繁に魚を検量しに来ます。
実は前日までのプラクティスでは磯よりも堤防が良かったとの事。
遠い磯まで時間を掛けてるより時間を有効に使え、しかも大型が狙えるとの事。
北陸地区予選代表の橋本隆志選手
北陸地区予選代表の橋本隆志選手。
堤防でナイスサイズのベッコウゾイをキャッチ。
田代島のネコ達も元気でした。
こちらは三石の検量所。
険しい磯場が続きますが、田代島でもトップクラスの人気ポイント。
北海道地区予選代表の橋本憲之選手
北海道地区予選代表の橋本憲之選手。
本格的な東北の磯ロックを経験したいと、3km以上ある三石のポイントまで歩きキャッチしたアイナメ。

今シーズンは全国的に季節が遅れているためか?
ベッコウゾイの釣果が少なかった模様。

紅一点の高橋めぐみ選手。ガッツで三石まで行き、アイナメゲット。
総合で12位に入る大健闘。

製品展示
検量の合間に大会本部では表彰式の準備と製品展示。
ロックスイーパーの全機種、東北ではあまり馴染みのないロックキジハタスペシャルも展示。
ロックスイーパーの全機種、東北ではあまり馴染みのないロックスイーパーキジハタスペシャルも展示。
また来年に向けて開発中の佐藤尚行さん監修のボートロック用ロッドや戸澤直彦さん監修のPEライン対応のロングスピニングロッドのプロトロッドを初公開。まだまだ試作段階ですが、沢山の選手の皆さまから「早く発売して欲しい」との声をいただきました。
ポイント集計中
帰着申告〆切の1時近くになると続々と選手が戻って来ます。大型のアイナメも次々とウェイインされます。
ポイントの集計中に最新のロックフィッシュタックルを選手の皆様に見て頂きました。
恒例のピッチングゲームやロッドアンケートにご協力いただきありがとうございます。
塩津さんにインタビュー中の釣的動画さん。今回の大会には釣的動画さん、釣り東北さん、釣り河北さんに取材していただきました。ご協力ありがとうございます。
表彰式
全員の帰着申告を確認。ポイントの集計も終わり、いよいよ表彰式。
上位入賞の5名。
1位~3位の選手には、ペンタックスリコーイメージング(株)よりデジタルカメラを副賞として差し上げました。
GPS搭載で位置情報も記録出来る、タフな防水デジタルカメラ「ペンタックス OPTIO WG-2 GPS」は釣りに最適なデジカメです。
上位5名のウイニングパターン
第5位:中村 勝 選手
  • 20ポンドリーダー、21g シンカーのクロー系ワームで10時頃に1,305g のアイナメをキャッチ。
    その後スピニングタックルで550g のベッコウゾイを追加してトータル1,855g でウェイイン。
第4位:鹿野 栄健 選手
  • スタート地点の反対側のナギヌマのポイントに入り、6インチのグラブ(カラーレッド)でキッカー狙いが当たり1,690g のビッグフィッシュ賞のアイナメをキャッチ。
    移動後に185g のアイナメを追加しての1,875g でのウェイイン。
    朝一番にドラグ締め忘れでビッグフィッシュをバラしたとの事。その大物が獲れていたら???
第3位:遠藤 辰太朗 選手
  • バークレイ ロックフィッシュオープン5回目のお立ち台となる常連の遠藤選手。
    学校の浜と三石の間の大きな沈み根に潮の流れが当たるポイント。
    スリットの間を4/0フックにパワーホッグ5インチでアタリをとり、パワーホッグ4インチにサイズダウンして食わせる作戦があたり、4本をキャッチ。1,055g アイナメ、685g アイナメ、320g アイナメの合計2,060g をウェイイン。
    釣り方は一旦ボトムをとってから、軽めの14g シンカーで低めのカーブフォールで食わせた。
第2位:橋本 憲之 選手
  • 北海道地区予選を勝ち抜いて招待選手として参加された橋本選手。
    東北の磯ロックを経験したいとの事で朝一番に三石のポイントに入る。
    小さいアタリが続く中、3本揃えて一度検量。その後入れ替えを行い 5本をキャッチ。

    使用ルアーはガルプ!ダブルホッグ。カラーをナチュラルカラーから派手系のカラーにチェンジしながらバイトを出して行った。普段は北海道の漁港でロックフィッシュを楽しんでいるので、広大な磯での釣りは気持ち良かったが、ハードな磯歩きで足がガクガクとなり、自分の考えの甘さを痛感しました。
    磯ロック用のロックスイーパー88EXHを北海道で使い、この日に備えた結果が出ました。
優勝:中嶋 康文 選手
  • 岩手から参加の中嶋選手。エリアは全て漁港内で勝負。
    朝一番にテトラでキロアップのベッコウをゲット。リミットメイクのためにスピニングタックルに切り替え、4インチパルスをカットしたものでアイナメを追加。港内のスロープを休ませながら、釣り続けて最後は40アップのアイナメを追加。6g、8gのライトテキサス。
上位入賞の皆様、本当におめでとうございます。また無事に大会を運営出来ました事、ご協力下さいました田代島島民の皆様、宮城県漁連石巻支所田代浜出張所様、網地島ライン様、石巻市様、ご参加下さいました選手の皆さまに心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。
バークレイ ジャパンロックフィッシュオープン 東北大会 2012 成績表
順位 ゼッケン 氏名 1本目 2本目 3本目 合計
優勝 78 中嶋 康文 アイナメ 535g ソイ 1050g アイナメ 870g 2455g
2位 106 橋本 憲之 アイナメ 730g アイナメ 1005g アイナメ 340g 2075g
3位 20 遠藤 辰太郎 アイナメ 685g アイナメ 1055g アイナメ 320g 2060g
4位 61 鹿野 栄健 アイナメ 185g アイナメ 1690g   - 1875g
5位 53 中村 勝 アイナメ 1305g ソイ 550g   - 1855g
6位 38 月浦 悠 アイナメ 505g ソイ 1200g   - 1705g
7位 88 佐藤 日向 アイナメ 295g アイナメ 305g アイナメ 1095g 1695g
8位 11 佐藤 祐一 ソイ 1175g アイナメ 185g アイナメ 220g 1580g
9位 34 千葉 裕 アイナメ 1115g アイナメ 295g   - 1410g
10位 2 佐藤 竜一 アイナメ 1200g アイナメ 200g   - 1400g
11位 55 今野 智之 アイナメ 495g アイナメ 395g アイナメ 390g 1280g
12位 13 高橋 めぐみ アイナメ 645g アイナメ 405g アイナメ 210g 1260g
13位 8 北原 裕也 ソイ 830g アイナメ 310g   - 1140g
14位 28 佐藤 雄一 アイナメ 700g アイナメ 265g アイナメ 315g 965g
15位 60 羽田 泰 ソイ 355g アイナメ 260g   - 930g
16位 64 今野 勝和 アイナメ 215g アイナメ 675g   - 890g
17位 84 三浦 松一 アイナメ 405g アイナメ 465g   - 870g
18位 22 金森 淳   520g アイナメ 255g アイナメ 285g 775g
19位 48 扇 秀之 アイナメ 225g アイナメ 225g   - 735g
20位 3 塩津 政美 アイナメ 215g アイナメ 510g   - 725g
21位 72 武山 重之 アイナメ 720g   -   - 720g
22位 57 土井 健禄 アイナメ 315g   395g   - 710g
23位 44 内藤 智就 アイナメ 165g アイナメ 530g   - 695g
24位 79 遠藤 雅之 アイナメ 370g アイナメ 320g   - 690g
25位 104 橋本 隆志 ソイ 615g   -   - 615g
26位 19 尾形 慶紀 アイナメ 520g   -   - 520g
27位 15 渡辺 健 アイナメ 215g アイナメ 285g   - 500g
28位 73 渡辺 均 アイナメ 200g アイナメ 225g   - 425g
29位 76 村山 栄宏 アイナメ 180g アイナメ 210g   - 390g
30位 1 三戸部 矩倫 アイナメ 170g アイナメ 215g   - 385g
31位 52 相原 泰宏 アイナメ 340g   -   - 340g
32位 9 栄浪 克康 アイナメ 320g   -   - 320g
33位 89 竹谷 聡 アイナメ 295g   -   - 295g
34位 46 高橋 雅幸 アイナメ 290g   -   - 290g
35位 45 阿部 慶行 アイナメ 265g   -   - 265g
36位 65 樅山 浩一 アイナメ 260g   -   - 260g
  83 蜂谷 雅人 アイナメ 260g   -   - 260g
37位 85 日野 雅貴 アイナメ 225g   -   - 225g
38位 39 伊藤 遼耶 アイナメ 220g   -   - 220g
39位 100 石橋 真太郎 アイナメ 200g   -   - 200g
  51 佐藤 貴之 アイナメ 200g   -   - 200g
  77 蛯原 隆也 アイナメ 200g   -   - 200g
BIG FISH賞
ゼッケン 氏名 重量
アイナメ 61 鹿野 栄健 1690g
ベッコウゾイ 38 月浦 悠 1200g




«前へ
12月2日(日) 第8回 D-GUIDE SERVICE & 湖波ボート OPEN TOURNAMENT 2012での製品展示のお知らせ。
 
 次へ »
【THE KEEP CAST 2017】@ ポートメッセ名古屋 出展のお知らせ