フィールドスタッフブログ
2018/10/31

『Taku's Style 房総リザーバーでMax Scent!!』 (甲斐 拓也)

こんにちは、甲斐拓也です。

今回は、数量限定で販売されたMax Scentシリーズの’Hit worm’を使ったサイトフィッシングにを紹介します。

 

フィールドは、千葉県にある三島湖。大人気!房総半島リザーバーの1つです。

 

解禁当初は、プレッシャーも薄く、近年では以上なほど釣れると有名なフィールドでしたが、釣果故に、平日でも多くのアングラーが湖上に浮き、オカッパリアングラーの方も多く足を運ぶ大変賑わったフィールドです。

 

そのためプレッシャーもきつくかかり、以前のようなパラダイス感は徐々に薄まりつつある三島湖。

 

バックウォーターに入るとバスは見えるものの、減水した川筋に多くのボートが密に浮くため、プレッシャーの掛かり方も半端ではなく、簡単には口を使ってくれない状況でした。

 

周りのアングラーもよくやっていた、ダウンショットや、ノーシンカーリグ、ネコリグなど、サイトフィッシングの定番と言えるルアーでアプローチしていきますが、思うようにバイトしてくれないため、他のアングラーとは一味違ったアプローチを試してみると、今まで反応がなかったバス達が反応し、口を使わせることもできました。

 

 

そのアプローチとは?

Max Scent Hit worm をオフセットフックにセットしたノーシンカーリグのスイミングです。

 

なるべくバスとのディスタンスを取り、バスの進行方向に投げて表層を泳がせて、追尾や興味を持ったバスがいた場合は、フォールさせて食わせる。簡単なアプローチ方法です。

 

なぜHit worm

 

普通のストレートワームではスイミングした時にアピールが弱い、飛距離が出ない、スイミングさせた時にバランスを崩しやすいためです。

 

上記のようなストレートワームに比べて、Hit worm は、太めのストレートワームで比重も重いので飛距離が出ます。

 

そして1番大切なスイミング時のアクションがバランスも崩しにくく、いいアクションで泳いでくれるためHit wormを選びました。

 

 

Hit wormは、スイミングさせると、ボディの下半分をクネらせ、ぷっくら膨れているテール部分が水を掴み、アクションしてアピールします。

 

早く巻いてもしっかりアクションしてくれるので緩急もつけやすく、サイトフィッシング時のアプローチのバリエーションも増えます。

 

まだサイトフィッシングで楽しめる時期ですので、バスの反応を見ながら、スイミングスピードやフォールを入れるタイミングなどを調整してアプローチしてみてください。

 

僕がHit wormにセットしているフックは、イチカワフィッシング社の[TG1]というオフセットフックの1/0 番。ナローゲイプなのでワームとの一体感もありお勧めです。

 

 

Max Scentシリースは、数量限定販売なので完売してしまっているショップさんもあるようですので、店頭でお見かけした際は手にとってみてください。

 

スイミング→フォール→着底→匂いでバイト!

 

Max Scentだからこそできる、技ですので是非ともお試しください。

 

各種SNSではリアルタイムの情報を発信しています。

覗いてみてください。

 

インスタグラム: https://www.instagram.com/takuya_kai/

フェイスブック: https://www.facebook.com/kaitaku0726

ツイッター: https://twitter.com/kaitakufishing

 

よろしくお願いします。



«前へ
『Eradicator Extreme810MLFでランカーシーバス』