フィールドスタッフブログ
2017/11/13

『Taku's Style ハイシーズンの干潟でバヒッド100』 (甲斐 拓也)

こんにちは、甲斐です。

 

10月も半ばを過ぎ、そろそろかと先日、千葉県の盤洲干潟に行って来ました。

北風が吹き荒れる中の釣行でしたが、バヒッド100で数本キャッチ

 

 

使い方は、シンキングペンシル同様、アップストリームからクロスに投げて流し込むだけです。

 

ソフト素材のシンキングペンシルだと思っていただければ、違和感なくお使いいただけると思います。

 

以前からある、バヒッド80よりボディサイズが上がっただけではなく、フックサイズも大きくなっていますので、秋シーズンの釣行でも十分に使っていただけます。

 

僕も、バヒッド100ワンカレント125Fをボックスに入れて、これからのハイシーズンを楽しみたいと思います。

 

 

[タックル]

 

・ロッド ソルティーステージ KR-Xシーバス 882ML

・リール Revo MGX2500SH

・ライン スーパーファイヤーライン0.8号

・ルアー バヒッド100ワンカレント125Fなど



«前へ
『三道 竜也の釣行記 10月シーバス編』